太陽光発電で投資してみよう。でも、本当に儲かるの?

太陽光発電で投資してみよう。でも、本当に儲かるの?

十年一昔・・・ということわざがあります。

10年前、一般家庭で太陽光パネルが搭載されている家は、

ほとんどありませんでした。


しかし、最近は搭載率がどんどん上がっていて、

全世帯の10%近くに相当するのだそうです。


地域によっては、特に新興住宅地では

ほとんどの家に太陽光パネルが搭載されているところもあるくらいです。

何故、皆が太陽光パネルを搭載するのか??


答えは簡単。結構儲かるからです!


太陽光パネルを搭載


我が家も8年ほど前に家を新築したのですが、

新築と同時に太陽光パネルを搭載しました。


当時は太陽光パネルの値段が高く、

4.65kw搭載で250万円必要でしたが、

当時は国から30万円の補助が出たので、実質総額220万円。

(国の補助を加えた計算で1kwあたり47.3万円)


これでも、パネル屋さんを競争させて、

50万円以上値引きしたので、当時ではかなり安い方でした。

(雪国ですので、相場が高いのです。。。)


年間の発電金額メリットはおよそ18万円


そして、気になる発電金額効果ですが、

年間の発電金額メリットはおよそ18万円。

各年、発電量は数%しか変動しないので、ほぼ同金額です。



220万円で購入したものが毎年18万円稼ぐわけで、

回収するのに、おおよそ12.2年かかります。


12年で回収というのは長く感じるかもしれません。

加えて、我が家は雪国なので、冬はほとんど発電しないといった

デメリットがあります。。。


しかし、太陽光発電は何もしなくてよいのが最大のメリットです。

何もしなくても毎日少しずつパネルくん達が稼いでくれます。

春先の快晴の日には、1日で1000円以上稼いでくれる時もあります。


そして、今では搭載して8年経過しましたが、一度も故障は無いですし、古くなっても発電量が落ちることもありません。

(毎年、同じ時期に最大発電量を確認していますが、少なくとも8年間では全く変動がありません。)


ということで、もし家をお持ちで、かつ、元本回収まで長期間我慢ができるのであれば、太陽光パネルを搭載するのは、非常にメリットがあります。

また、最近のパネルには良い保証もついているので、ほぼノーリスクというのもありがたいポイントです。


太陽光パネルを搭載するのは、非常にメリット

ここで最近(2018年)の太陽光パネルの相場を調べてみました。

最近は更に儲かりやすくなっているようです。



2018年現在、

1kwあたりに必要な金額は29.4万円が相場です。

平均的な屋根なら、5kw程度搭載できるので、


 5 × 29.4 = 147万円



年間の発電効果は地域にもよりますが、おおよそ年間に5000w(=5kw)発電して、28円で売電可能です。


 5000 × 28 = 14万円



最近の太陽光パネルは発電効率が良いので、たったの10.5年で回収できてしまいます。

(我が家も最新パネルに載せ替えたいくらいです!)



しかし、この数字で満足してはいけません!


投資家として、太陽光パネルを考えるのであれば、初期の費用を下げることが必須となります。

仮に28万円値下げできれば、回収が2年も前倒しできます。


仮に28万円値下げできれば、回収が2年も前倒し

値下げをするには、太陽光パネル屋さんを競わせるしかありません。

最初に提示される見積りは、参考価格です。

「◯◯◯さんは・・・まで下げてきました。」

「◯◯◯さんは、もっと安いですよ。」

と、どんどん刺激をして競争していただき、

安い価格を提示していただきましょう。




太陽光パネル屋さんを簡単に探すには、こちらのサイトがオススメ。



できれば3社くらいで価格競争を繰り広げていただきたいものです。

アナタは電話で交渉するだけ。


私も実際、こちらのサイト経由で交渉したおかげで、

50万円のコストダウンに成功しました。


とりあえずHPで登録して、

安い見積もりを目指しましょう。


サラリーマン投資家のススメ【会社員が在宅副業 複数投資で脱サラ】 トップページヘ